東京都墨田区錦糸町・押上

相続問題でお困りなら

アライアンス法律事務所まで

お気軽にご相談ください。

弁護士、司法書士ら専門家が

トータルサポート致します。

ご相談は無料です(ただし初回相談のみ)。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

遺言書の保管

遺言書は、遺言者が亡くなった後に

相続人らがすぐに分かるような場所で、

かつ、隠されたり、改ざんされる心配の無い場所に保管しておく必要があります。

詳しくは墨田区錦糸町・押上

アライアンス法律事務所まで

お気軽にご相談ください。

公正証書遺言の保管

公正証書遺言の場合

公正証書遺言は、遺言書の原本が公証人役場に保管されます。保管のための手数料はかかりません。相続人側においても、被相続人の死後に、公証人役場で公正証書遺言の有無を検索することができます。

その他の遺言書の保管

その他の遺言の場合

自筆証書遺言など、公正証書遺言以外の遺言の場合には遺言者が自らの責任と費用で遺言書の原本を保管する必要があります。

遺言書を遺言者の手元に保管する以外の方法としては、

(1)貸金庫に保管する

(2)信託会社等の遺言信託サービスを利用する

(3)遺言執行者に保管を委託する

等の方法が考えられます。その保管方法によっては、被相続人の死後に検索が可能となるよう、遺言書の保管場所を明示しておくことも必要です。

遺言書を貸金庫で保管する際の注意事項

 遺言を筆証書遺言で作成した場合、問題となるのが保管場所です。せっかく遺言を書いても、相続人に発見されなかったり、間違って処分されてしまったりしては意味がありません。他方、すぐに発見できてしまう場所だと、遺言を誰かに破棄されたり、改ざんされたり、というおそれがあります。

 そこで、遺言書を銀行の貸金庫に預けるという方法があります。貸金庫は自宅の金庫よりも安全で、家族に秘密で利用することも可能ですから、破棄や、改ざんの危険性が低いと言うメリットがあります。

 しかし、相続開始後、貸金庫を開けるには相続人全員の同意が必要になります。そのためには関係者全員の戸籍を取り寄せ、相続人を確定する必要があります。さらに相続人全員の印鑑証明が要求されるなど、貸金庫を開けるまでの手続きが煩瑣というデメリットがあります。

遺言執行者を活用する

遺言執行者

遺言の改ざんや破棄を回避しつつ保管する方法として、弁護士などの専門家を遺言執行者として選任し、遺言を保管させる方法もあります。費用がかかりますが、上手に活用すれば、相続をスムーズに進められる点でメリットも大きいといえます。

遺言、相続対策はアライアンス法律事務所まで

  

 相続対策・遺言作成をお考えなら

 法律問題から相続税対策まで

 墨田区錦糸町・押上

 アライアンス法律事務所に

 お気軽にご相談ください。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
墨田区錦糸町・押上 相続・遺産分割のご相談ならアライアンス法律事務所までお気軽にご相談下さい。相続・遺産分割問題に精通した弁護士、司法書士ら専門家が法務、税務、登記業務に至るまでトータルサポート致します。