東京都墨田区錦糸町・押上

相続問題でお困りなら

アライアンス法律事務所まで

お気軽にご相談ください。

弁護士、司法書士ら専門家が

トータルサポート致します。

ご相談は無料です(ただし初回相談のみ)。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

遺産分割調停と使途不明金

遺産分割調停と使途不明金

 遺産分割調停において、「相続人の一人が無断で、①被相続人の死亡直前に被相続人名義の預貯金を引き出した、②被相続人の死亡後に、被相続人名義の預貯金を引き出した」、「その内容・使途を明らかにせよ」といった主張がよくなされます。

1 使途不明金が判明しなかった場合

 遺産分割調停において使途不明金の存在が明らかにならない場合、当事者に分からないものは裁判所にも分かりませんから、そのような使途不明金はないものとして進行されます。これに納得できない相続人は、別途、相手方相続人に対し、不法行為に基づく損害賠償請求訴訟か、不当利得返還請求訴訟を提起することになります。

2 使途不明金が判明した場合

(1)相続開始前

 被相続人の意思で、相続人に贈与されたものであれば、特別受益の問題となります。相続人が被相続人に無断で引き出したのであれば、調停では遺産の先取りとして扱われます。もっとも、相続人が引き出された金員の自己使用を認めない場合には、訴訟により解決せざるを得ません。

(2)相続開始後 

相続人が他の相続人らに無断で引き出したのであれば、調停では遺産の先取りとして扱われます。もっとも、相続人が引き出された金員の自己使用を認めない場合には、訴訟により解決せざるを得ません。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
墨田区錦糸町・押上 相続・遺産分割のご相談ならアライアンス法律事務所までお気軽にご相談下さい。相続・遺産分割問題に精通した弁護士、司法書士ら専門家が法務、税務、登記業務に至るまでトータルサポート致します。